【裏ワザ】周りにバレないアイプチの正しいやり方!のり・テープ編

メイク・ビューティー

2018.1.11

13098971_1766637390233059_1428508208_n
orf

アイプチしてるのが周りにバレるとダサい。。


http://haircare.asp-plaza.jp/

「アイプチがバレてる人ってダサい。。」
そんなこと思ったことありませんか?

もちろん、自分もアイプチしてるのバレたくないですよね?

なので今回は、
周りにバレないアイプチの正しいやり方を「のり・テープタイプ」のどちらもご紹介します♪

周りにバレないためのアイプチのやり方❤︎

慣れていないと難しく、なかなかうまく使えないアイプチですが、
上手に使えるようになればおしゃれの幅がぐんと広がります。

整形することなく、手軽に二重を手に入れることのできるバレないアイプチのやり方をしっかりとマスターしてください♪

まずは自分の目に合ったアイプチの種類を選ぼう!


https://karada.life/product/nomekedoubleeyes/14791

自分のまぶたに合ったアイプチを選ぶことは取っても大切です。
アイプチにはそれぞれ特徴があり、それぞれの瞼の状態に合ったタイプのアイプチを選びましょう♪

一重まぶたの人は『リキッドタイプ』がおすすめ!

一重まぶたの場合には、のりタイプのアイプチがオススメです♪

のりタイプは、粘着力が強いので、長時間二重をきれいにキープする力があります。

奥二重の人も『のりタイプ』がおすすめ!

奥二重の人もやはり、のりタイプがオススメです。

奥二重の人も粘着力が強い方が長時間キープしやすいんです!

二重の人は『テープタイプ』がおすすめ!

二重の人ならテープタイプが使いやすいです♪

下を向いたときにもバレないアイプチの裏ワザがこちら!


https://ameblo.jp/funada-maki/entry-12233275960.html

下を向いたときにアイプチがばれてしまうのは、
のりで貼った部分がペタッとくっついているのが見えてしまうからです。

つまり、そこを対策してしまえばアイプチはバレにくくなるんです❤︎

〜周りにバレないアイプチの裏ワザ①(のりタイプ)〜

のりタイプのアイプチを塗って、透明になるまで待ち一度乾かします。

乾いたあとに専用の道具を使い二重を作りたいところを抑え込みます。

まつ毛をちょっと引っ張って少しだけのりでくっついた部分を離します。

こうすることによって二重のラインの奥の方はしっかりくっついているけど、
目に見える部分を離しておく
ことでのりで貼り付いている部分が下を向いたときに見えにくくなります。

「テープタイプでもバレないようにしたい!!」
っていう方のための裏ワザがこちら!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

〜周りにバレないアイプチの裏ワザ②(のり&テープタイプ)〜

アイプチをする前に、少しだけ茶色のアイシャドウを瞼に塗る。

その後にアイプチをいつも通りつける。

たったコレだけ!
こうすることで、アイプチのツヤが分かりにくく、バレる心配が減ります♪

また、のりを塗る幅にも注意が必要です。
広範囲に塗った方がはがれにくいのですが、
広範囲に塗りすぎると全体的にまぶたが貼り付いてしまい、バレやすくなってしまいます。

なので、しっかりつくけど、バレない自分にあった幅を見つけていくことも重要です。

バレないようにするには、何度もやって鏡で確認!


http://www.beauty-matome.net/make/eye-putti170807.html

アイプチはやるほどに、自分に合った方法が見つかっていきます。
そのため、何度もトライして、バレない自分のやり方を見つけていきましょう♪

のりタイプ、テープタイプはまぶたの分厚さに合わせて選ぶ必要があるので、
自分のまぶたが分厚いならのりタイプ
薄いならテープタイプを選ぶと失敗が減りますよ♪

1/1

SHARE THIS PAGE

記事のURLとタイトルをコピー

https://parole-girl.com/eyeputi-barenai/

こんな記事も読まれています

今日のオススメ

もっと見る

ランキング

もっと見る

WEEKLY

MONTHLY

TOTAL

もっと見る
もっと見る
もっと見る

writer

ライター

ライター

もっと見る
ライター募集

CATEGORY

カテゴリー

RECOMMEND TAGS