【アイライナーの基本】種類・正しい引き方・工夫したアイラインの引き方をご紹介!

メイク・ビューティー

2018.5.31

13098971_1766637390233059_1428508208_n
orf

アイライナーってどうやって引くの?


ARINE

アイライナーを初めて使う時って意外と難しいですよね(* *)

私も最初は苦労しました。。笑

なので今回は

  • アイライナーの種類と特徴
  • アイライナー正しい引き方
  • アイラインのバリエーションに合わせた引き方

のをご紹介します♪

まずは基本!アイライナー種類と特徴

アイライナーをうまく引くためにはそれぞれの特徴を知る必要があります!
ここでは簡単に種類の復習をしましょう♪

リキッドアイライナー

リキッドタイプのアイライナーは、液体が本体に入っていて、筆先に液が出てきます。
はっきりとした色のラインを書くことができ、太さの調節がしやすいです。汗に強いのも特徴です。

ジェルアイライナー

ジェルタイプのアイライナーは筆が付属していて、その筆にジェルを取ってラインを書くタイプと、芯状になっているタイプがあります。
なめらかにラインが引け、肌に密着するのでにじみが少なく、綺麗に長時間キープすることができます。

パウダーアイライナー

アイシャドウのセットについていることも多いパウダータイプのアイライナーは、アイシャドウみたいな粉でできています。
柔らかい印象の自然な感じでラインを引くことができるのが特徴です。

アイライナーの正しい引き方


ワタシプラス

いろいろなアイライナーの引き方がありますが、まずは基本から勉強しましょう♪
初心者の人はまずこの方法を練習してください♪

二重の人に限らず、どのメイクでも基本になる引き方です。

  1. ①まつ毛の根本が見えるように鏡で顔を写します。
  2. ②上瞼を指で持ち上げしっかりとまつ毛の根本が見えるようにします。
  3. ③まつ毛の根本にアイライナーでラインを書いていきます。
  4. このときに、一度に描こうとはしないで、少しづつ細かく描いていくと自然なラインになります。

  5. ④目頭から中央に向けてラインを描いていき、中央まできたら今度は目じりから中央に向かってラインを書きます。
  6. ⑤ラインが描けたら、綿棒などを使って描いたラインの上をなぞるとより自然に出来上がります。

ポイントは、まつ毛の生えているキワを丁寧になぞっていくということです♪

アイラインのバリエーションに合わせた引き方


myreco

上で紹介したのは、基本のアイラインの引き方です。
でも、アイラインはいろいろな引き方ができます♪

キャットライン


資生堂

目じりのアイライナーを跳ね上げて引くキャットラインは、目じりに向かってラインが太くなるように重ねていき、目じりから少しはみ出るよう斜め上に向かってラインを引きます。

二重の人は元々目が大きく見えますが、この引き方をすると一段と目の大きさが際立ちます♪

たれ目ライン


pinterest

キャットラインとは反対に、目じりの延長を斜め下の方向に伸ばしてラインを引く引き方です。

優しい印象になり、目を丸く手大きく見せる効果もあります♪
リキッドタイプやジェルタイプだとやりやすいですよ。

切れ長ライン


Venustas

大人っぽい印象になる切れ長ラインは、目じりまでラインを引いて、目じりを少しだけ斜め上に長めに描きます。
下瞼の目じり側3分の1もアイラインを書き、最後に上と下のラインが合うようにしましょう。

アイライナーの種類はペンシルタイプがGOODで大人っぽい雰囲気にしてくれます。

目が強調されすぎると厚化粧にみえることも


SURUGA d-labo

元々目地からがあるため、ばっちり太いラインを引いてしまうと、厚化粧に見えてしまうこともあります。

二重の人にオススメの引き方は、細めの控えめなラインです。

特に初心者は、細めのラインから始めることをオススメします。慣れてくればいろいろなバリエーションが付けれますよ♪

↓学校にもしていけるアイラインの引き方はこちら↓

メイク・ビューティー

2018.05.27

orf

1925views

【学校メイク”アイライン”編】バレないアイラインの引き方とおすすめアイテム!

1/1

SHARE THIS PAGE

記事のURLとタイトルをコピー

https://parole-girl.com/eyeline-hikikata/

こんな記事も読まれています

今日のオススメ

もっと見る

ランキング

もっと見る

WEEKLY

MONTHLY

TOTAL

もっと見る
もっと見る
もっと見る

writer

ライター

ライター

もっと見る
ライター募集

CATEGORY

カテゴリー

RECOMMEND TAGS